2017/05/02

Mac OS Sierraクリーンインストール

〔Posted:2017/05/02〕
“ネコ”PCの古いデータを整理し、OSも再インストールしてリセットすることにした。



Mountain Lion 10.8.5 → Sierra 10.12.4へ



最新版へのアップデートには抵抗があるので、ひとつ前のOSにしたかったというのがホンネなんだけど、ところがどっこい、以前ダウンロードしたMavericksについては「購入済み」としてAPP STOREに残っているものの、El CapitanYosemiteはダウンロードできなかった。。過去にダウンロードしたことがあるユーザー以外は、ダウンロードは終了..ということらしい。こういう時のために新しいOSはダウンロードできる時に入手しておくのがいいのかも。
しかし今のところSierraは動作も速いし、使い勝手は悪くないから結果オーライ♪


1. 必要データをバックアップ


・TimeMachineでバックアップを取るのがいいらしいんだけど・・・データ容量がデカいから断念。(だって外付けHDD持ってないもん。。)
しかし、とりあえずUSBメモリで作成できる「OS X 復元ディスク」は作って、もちろんその他の必要データもバックアップを取っておく。


↑の「復元ディスク」を作る時はUSBメモリをフォーマットするが、ディスクユーティリティにて「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」を選んで「消去」する。


2. Sierra へアップグレードする

(1)App StoreからSierraをダウンロードする。
(2)ダウンロードが終了したら、表示される手順に従いインストールを行う。(所要時間約30分)
(3)ログイン画面が出るのでログインすると、アップデートは終了している。

*ここではOSだけがアップグレードした状態で、それまでのPCの環境やデータは全て残っている。
*新しいOSをスッキリ軽い状態で使用するには、ハードディスクを初期化して、さらに再インストールする。つまり、これが「クリーンインストールする」ということである。
*ただし、初期化にはリスクもあるので、バックアップを取っておくことが重要である。



3. ハードディスクを初期化する


(1) 「command + R」キーを(Appleロゴが出るまで)押したまま再起動する。
(2) 「macOSユーティリティー」が現れるので『ディスクユーティリティ』を選ぶ。
(3)表示される画面で「Macintosh HD」を選び『消去』をクリック。
(4)「"Macintosh HD"を消去しますか?」という画面で、フォーマット形式は「Mac OS Extended (Journaled)」を選択して『消去』する。

*『High Siera』の場合は、APFSを選択する。

以上。終了まで時間はあまりかからず、HDDが空になる。



4. クリーンインストール

(1)『ディスクユーティリティ』の画面を閉じる。
(2)再び「macOSユーティリティー」の画面で、次は「macOSを再インストール」を選ぶ。
(3)インストール画面が出てくるので「続ける」をクリック。
(4) インストール先に「Macintosh HD」を選び『インストール』する。
(5) しばし待てばインストールが終わり「ようこそ」の画面が現れる。
(6)引き続き初期設定を行う。(*サインインすること)
以下は私個人の場合だが・・・
・情報の転送は行わない
・FileVaultディスク暗号化はしない。
・「ファイルを全てiCloudに保存」もしない。(チェックを外す)(OFF)



5. アプリをインストール(各種設定も)

必要なアプリケーションをインストールして、各種必要な設定も行う。
アプリの互換性をチェックできるこんなサイトもある→「RoaningApps

これにてクリーンインストールは終了。うまくいってよかったヨカッタ♪


Cats / DPK_Photography


私生活がてんやわんやすぎて、ずっとやれずにいたMacの整理整頓にようやく手をつけた。

引っ越しが落ち着いた去年の後半あたりからは時間もあったんだけど、シんでしまった夫や猫関連のデータが出てくると「う~ん…」うなだれてしまい、そのままPCを終了してしまっていた。とてつもなく気持ちがくじけていた..とおもう。。
今年に入り、夫の一周忌を終えた頃から少しずつ気持ちに余裕が出てきているような気がするし、PCだけでなく生活も含めたいろんなことをそろそろリセットしなくちゃいけない。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

▲TOPへ戻る▲

Categories: ,

0 コメント: