迎えが来ない

2020/08/23
母が亡くなる少し前のこと。その頃には寝たきりになっていた母が、ぽつんと「〇〇が迎えに来ない」とつぶやいた。「〇〇」というのは父の名前だ。
・・・そりゃあ来ないわよ、オカアサン。。お父さんはいつだってあなたを迎えに来たりしなかったじゃない。声には出さず、私は心の中で母にそう言った。

母はとても気性が激しくて、父もまた負けずに癇癪持ちだった。そんな二人は、結婚当初から度々ひどい夫婦喧嘩をして、母は幾度となく「実家に帰らせていただきます!」と家を飛び出して行ったそうだ。(私の知る限り、私たち姉妹の中にそれをやって実家に戻った者はいない。反面教師やね...)

そんなとき、父が母を迎えに行くことはなく、祖母(父の母)が父の代わりに誰かれを母の実家へ「迎えの使者」として送り込んだそうだ。
それは祖父であったり、年の離れた父の妹だったり、または、幼い子供の誰かが一緒に連れて行かれることもあったらしい。
- - - - - - - - - - - - - - -
うちは自営業なのだが、他人が見聞きできるところでも、二人は大きな声で激しい言い争いをしたらしい。
そんなときに、母にとっては姑にあたる祖母が「人に聞こえるから..」と母をたしなめると、母は「聞きたい人には聞かせておけばいい!」と言い放ったそうだ。(この話、叔母から何度も聞かされた...)
それでも、祖父母は嫁である母を大事にしてくれたそうで、母は祖父母のことを敬愛し慕っていた。母のことを「宇宙人」と初めに呼んだのは祖母だったそうなのに・・・祖父母はきっと"できた大人"だったんだろうな(?)
- - - - - - - - - - - - - - -

fight club / Karamellzucker
年月が経ち、私たち子供が成長しても尚、母は性懲りもなく(癇癪を爆発させ)家を飛び出して行った。
長女である姉など、結婚して母となってからも、幼子を背負い、実家に戻っていた母を迎えに行ったことがある。
それでも、父が母を迎えに行くことは決してなかったけど。。



寝たきりになっても母はわりとしっかりしていて、ちゃんと会話することができた。が、さすがに年をとって弱々しくなり、そして「〇〇が迎えに来ない」とつぶやいたのだ。
母はいつも、他の誰かではなく「夫」に迎えに来てほしかったのか。
そしてもしかしたら、今も待ってるの??

でも、(そンなことが可能かどうかは別として...)それでもやっぱり父は来ない..と私は思った。
迎えに来るどころか、イタズラっぽく笑って「もう少しそっちでゆっくりしておいで」なんて言いそうだ。(^^;)
- - - - - - - - - - - - - - -
夫婦の関係というのは"はた"からは理解しにくいものだけど・・・父と母が仲の悪い夫婦だったかというと、そうでもあり、または、仲睦まじそうにしていることもけっこうあった。
父は、母を美容院へ送り迎えしたり、スーパーへの買い出しも嫌な顔もせずにつき合うような、やさしいところがあった。だけど、捨てゼリフを残して実家に帰った妻を迎えに行くなんてことは、父のプライドが許さなかったのだ..と私は思う。
二人は父が亡くなるまで58年連れ添ったし、金婚式の祝いには家族みんなで旅行もした。その旅行は3月末だったのだが、とんでもなく冷え込み、時期的に降るはずのない雪まで降った。同行していた叔母(かつて母を迎えに行かされた、父の年の離れた妹)が「(この二人がこんなに長く連れ添って)天も驚いている」と言い、皆で笑った忘れがたい旅行だ。
- - - - - - - - - - - - - - -



「〇〇が迎えに来ない」とつぶやいてからひと月ほどして、母は他界した。
結局、母を迎えに来たのは祖母である。なぜなら、その日は祖母の命日だったから。
生前いつも、母が家を飛び出す度に、誰それを母の実家へと迎えにやっていた祖母。「しょうがない、私が迎えに行きますかね」そう言って、おばあちゃんが最後に来たね。..と、私たち姉妹は大いに納得したのだった。

父と母、いまは向こうで仲よくしているだろうか...?(^^)




volde / ansik
「憎まれっ子世に憚る」っていうけれど、それはつまり「迎えが来ない」ということなのね。。
私ね、自分でも憎まれっ子かもしれないと思うけど、実はもう「お迎え」は予約済みなんだな、これが。
というのは...、以前、父が入院したとき「こんなになって情けない」と落ち込む父に、「お父さんはいいよ。こうして子供が病院に来てくれるじゃない。子供のいない私は、年とって病気したらホントに惨めだよ」と言ったことがある。すると父は「そうか、そうやなぁ..、そのときはわしが...」と言ってから、しばし沈黙したのちに「迎えに来てやろう!」と力強く言ったのだ。「エッ?」と目を丸くする私を見ながら、父はやさしく笑っていた。「きっとよ!」私は父にそう言い、そして二人でまた「アハハハ」笑って約束は成立した。..というわけで、父はきっと来てくれる、そう信じてるの。ムフフ。(^^)v



リアクション (old) :

- - -《 広 告 》- - -